ニチイ 医療事務

歯科医療事務

歯科の医療事務は、通常の医療事務とは異なり歯科助手または歯科アシスタントと
呼ばれることもあります。
医療事務が扱う診療報酬の基準になる点数表には『医科』と『歯科』があります。
診療科目が「歯科」に限定されるのが歯科診療所(歯科医院や歯科クリニック
なども同様)です。
歯科の事務の場合、通常の医療事務の様に事務のみの仕事というよりは、
助手的な仕事もあるのです

歯科助手や歯科アシスタントの仕事は、歯科医師や歯科衛生士をサポート
するのが仕事です。
歯科医師の秘書的な役割、受付事務・会計事務、診療室での診療補助などがあり 、
複数の歯科助手で分担し担当する場合もあります。
診療補助とは薬品の準備や器具を歯科医師に手渡したりすることで、歯科衛生士の
ような口腔内の予防処置を行うことは禁止されています。

もちろん、医科の医療事務と同様にレセプトの点検や作成を行う
レセプト業務も含まれます。


医療事務の資格試験

医療事務の資格試験はいくつかあります。
医療費の請求(レセプト点検・作成)を行う専門家である医療事務の資格試験は、
その医療事務資格試験の全てが、医師や看護師などの 資格と異なり国家資格では
ないのです。
つまり医療事務の仕事をする際は、 医療事務資格の取得は義務付けられていないのです。
しかし、その様な状況でも医療事務の資格は現在とても人気のある資格のひとつです。
それは、国家試験ほどの難易度はなく比較的容易に合格できる点、
医療専門学校在学中に資格の取得が義務付けられている点などもある様ですが、
やはり一番の理由としては医療事務などの医療スタッフとして就職に有利に
働くというのが人気の原因です。医療事務の資格取得や勉強法については、
書籍が多く出版されていますが、独学以外では医療事務の通学・通信講座もあります。
医療事務の資格試験は各試験によって多少難易度は異なりますので、
時間に余裕があるのであれば、独学でも医療事務資格取得は可能です。
しかし、短期間で合格を目指している方や働きながら勉強している方は
医療事務の専門学校への通学や通信講座を利用した方が効率よく取得する
ことができます。医療事務の勉強方法に正解はありませんので、自分の
ライフスタイルに合わせて資格試験の学習プランをご検討ください。


主な医療事務の資格試験

■厚生労働省認定の『診療報酬請求事務能力認定試験』
試験日程:7月、12月(年2回)
試験内容:実技試験
      診療報酬請求事務の実技
     学科試験
      医療保険制度、公費負担医療制度の概要、保険医療機関、
      療養担当規則等の基礎知識等

■日本医療教育財団主催の『医療事務技能審査試験』
試験日程:1級 6月、12月(2月)
     2級 毎月実施
試験内容:1級
      1.筆記実技1・・・・接遇、コミュニケーション技能
      2.筆記実技2・・・・診療報酬請求明細書作成・点検
      3.学科・・・・医療事務に関する専門知識(択一式)
     2級
      1.筆記実技1・・・・接遇、コミュニケーション
      2.筆記実技2・・・・診療報酬請求明細書作成・点検
      3.学科・・・・医療事務に関する専門知識(択一式)

■日本医療事務協会主催の『保険請求事務技能検定試験』
試験日程:隔月年6回
試験内容:実技試験
      レセプト作成など
     学科試験
      医療保険制度、診療報酬・薬価・材料などの基礎知識について、
      医学・薬学の基礎知識など

■技能認定振興協会主催の『医療事務管理士技能認定試験』
試験日程:奇数月末に実施(年6回)
試験内容:実技試験
      診療報酬明細書の作成(医科、外来、入院、歯科、外来)
     学科試験
      医療事務に関する筆記試験(択一式)

レセプト-返戻対策

レセプト返戻というのは医療事務職員にとって大きなマイナスポイントになります。
医療事務の仕事をする上で、返戻対策に精通しているというのは大きな武器に
なります。

レセプト返戻の発生する理由考えた場合、大きく分けると、レセプトの
患者情報が誤っている場合と、診療報酬の請求内容に対する疑義に
よって戻される場合の2種類あります。

まず、患者情報の誤りによるものですが、医療事務職員のミスによるものと、
そうでないものとがあります。
レセプト返戻を減らすには、我々医療事務職員のミスによるものを減らすことが
とても重要です。

レセプト返戻の理由としてあげられるミスの内容です。

・保険者番号の誤り、記号番号の誤り
これが最も多いミスです。
その中でも特に目に付くのが政府管掌です。記号が漢字とひらがなの
組み合わせになっており、これが思い込みによるミスを呼びやすい
のではないかと思います。多くは医療事務職員の単純ミスによるものです。

・保険証の確認時の不備
本人・家族の間違いが最も多いです。
他には、27老人対象なのに一般国保で入力してしまうといったありえない状態での
請求をしてしまうこともあります。これも医療事務員の単純ミス、あるいは
保険の知識不足が原因のレセプト返戻です。

上記の返戻理由から、レセプトの返戻対策を考えると、ミスを0に
しようとするのは不可能ですが、1回目に間違ってしまったとしても、
次の保険証確認の時には、間違いに気付いて修正できるような業務フローを
しっかり構築することが最も重要で効果的な返戻対策ではないでしょうか。
これには、医事課内での医療事務員どうしでの約束事をしっかり決める
ことがいいと思いますが、患者さんのうっかりもありますので、
来院される患者さんに対して、どの様に保険証の提示・変更時の速やかな連絡を
周知徹底させるかも含まれてきます。これは、医事課だけでなく
病院や診療所など、医療機関全体での取り組みが必要です。

次に、請求内容に対する疑義でレセプトが返戻されるものです。
これは、投薬や検査の過剰な場合に説明を求めるものや、診療報酬の請求方法が
正しくないものなどが対象です。
こちらは医師が対象になる場合と医療事務員の問題の場合がありますが、早急に
対応しないと、指導や監査が入ったりするケースもありますので、病院としての
しっかりとした対応が必要です。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。